お知らせ
 
2014/05/28 環境保全課
霞ヶ浦の日について
 茨城県では、9月1日を「霞ヶ浦の日」と定め、「海の日」から「霞ヶ浦の日」までを「霞ヶ浦水質浄化強調月間」としております。
 霞ヶ浦は、流域における人口の増加や社会経済活動の進展などに伴い、急速に富栄養化による水質汚濁が進み、アオコの大発生や魚の大量死が起因しきわめて憂慮すべき状況となり、茨城県では霞ヶ浦の府富栄養化を防止し、環境の保全を図ることを目的とし、昭和56年に「茨城県霞ヶ浦の富栄養化の防止に関する条例」(現在は「茨城県霞ヶ浦水質保全条例」)を制定し、昭和57年に施行し、同条例の施行1周年を記念し昭和58年から9月1日を「霞ヶ浦の日」と定めました。
 霞ヶ浦の水を汚している原因のうち、炊事、洗濯、入浴など家庭排水が約3割を占めており、日頃から家庭排水に気を配ることが大切です。
 身近にできる浄化対策としまして、「私たちにできる霞ヶ浦環境対策10ヶ条」をご覧ください。

○問い合わせ
 茨城県霞ケ浦環境科学センター(土浦市沖宿町1853)
 029-828-0960(代表)
関連リンク
茨城県霞ヶ浦環境科学センター
関連書類
「私たちにできる霞ヶ浦浄化対策10ヶ条」


トップへ戻る このページを印刷する