かすみがうら市議会
市議会トップ
正副議長あいさつ
議員名簿
定例会・臨時会
傍聴
請願・陳情
会期日程
議会だより
会議録
市議会トップ > 議会とは
 
議会とは
 
議会のしくみ  
 議会は、公選された議員によって組織され、住民の意思を代表・決定する合議制の機関であり、議決により地方公共団体の意思を決定することから議決機関と呼ばれています。
 これに対し、地方公共団体の長及び教育委員会等は、議会の議決により決定された団体意思を外部に対し決定表示することにより、行政サービスを提供することから執行機関と呼ばれています。
 議員は、4年ごとに選挙によって選ばれます。かすみがうら市議会議員の定数は、市議会議員定数条例により16人の議員で構成されています。
  議 会  
 議会はいつも開かれているのではなく、定例、または臨時に、ある一定の期間だけ開かれます。定期的に開く会議を『定例会』、必要に応じて開く会議を『臨時会』といいます。
 かすみがうら市の定例会は年4回行われ、3月、6月、9月、12月に開かれます。
議会審議の流れ  
 開会から閉会までの期間を『会期』といい、議事はおおよそ次のような順序で進められます。
 
 
  本会議  
 本会議は議案などを審査し、議会の最終的な意思を決定する会議です。提出した議案について市長等が説明し、これに対して議員から質疑や意見が述べられた後、可否の表決をします。
  一般質問  
 かすみがうら市では、次のとおりとなっております。
 一般質問の発言回数についての制限はありません。(同一議員につき、同一議題について3回を超えることができないと定めていましたが、平成23年第1回定例会より回数制限を無くしました。)
 一般質問の発言時間は、質問・答弁を含めて90分以内と定めています。
 一般質問の2回目以降の質問は質問席で、・答弁は自席で行ないます。
  常任委員会  
 議案などは最終的に本会議で可否が決められますが、市政は広範囲にわたるため、いくつかの常任委員会を設けて専門的に審査します。
 かすみがうら市議会には、総務・文教厚生・産業建設の3つの常任委員会があり、定数は総務が6名、文教厚生及び産業建設が5名となっています。
 
常任委員会名称
定数
所 管 事 項
6名
(現員5名)
市長公室、総務部、消防本部、会計課、市民部のうち税務課及び納税課の所管に属する事項並びに他の常任委員会に属さない事項
5名
市民部(税務課及び納税課の所管に属する事項を除く。)、保健福祉部及び教育委員会事務局の所管に属する事項
5名
環境経済部、農業委員会事務局、土木部及び水道事務所の所管に属する事項
 
  議会運営委員会  
 議会運営を円滑に行うために、議長の諮問により会期の設定、議案、請願等の取り扱いなどについて協議を行うものです。
6名
1.
議会運営に関する事項
(会期、発言通告、一般質問、正副議長及び議員の辞職、委員の選任及び辞任、特別委員会の設置、正副議長の選挙等)
2.
議会の会議規則、委員会の条例等に関する事項
(委員会条例、会議規則、議員定数減少条例等)
3.
議長の諮問に関する事項
(議会の秩序維持、常任委員会間の所管事務の調整)
 
  特別委員会  
 常任委員会のほかに特定の事件を審査するために設置された委員会のことをいう。
5名
議会だよりに関する事項

 
かすみがうら市 議会事務局
〒315-8512 茨城県かすみがうら市上土田461
TEL:0299-59-2111・029-897-1111 (内線1302・1303)
FAX:0299-59-4753
Mail:gikai@city.kasumigaura.ibaraki.jp