1. ホーム>
  2. 観光・学ぶ>
  3. 史跡>
  4. 市指定>
  5. 木造阿弥陀如来坐像(文殊院)

観光・学ぶ

木造阿弥陀如来坐像(文殊院)

【市指定文化財】

『木造阿弥陀如来坐像』の画像

この像は、像高が88.2センチメートルでヒノキ材の寄木造、膝の上で定印(じょういん)結び、結跏趺坐(けっかふざ)しています。頭頂部の肉髻(にっけい)は高く、額の髪際はゆるい波形で、頭部と体部は前後二材で矧ぎ合わされています。平安時代の作風を伝えていますが、やや角張った顔と強い目鼻立ちの表現、水晶を入れた玉眼という技法、衣文(えもん)の固い表現などから、鎌倉時代末頃の作と推定されます。
境内にあった阿弥陀堂の本尊ですが、真言宗に改宗される前の常玄寺の本尊であったと考えられます。 

所在地 かすみがうら市下志筑675
所有者または管理者 文殊院

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒300-0134 かすみがうら市深谷3719-1

電話番号:029-897-0511(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年10月3日
  • 2015年6月17日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る