子育て・健康・福祉

医療・手当・共済

自立支援医療(精神通院)

精神疾患の適正な医療の普及を図るため、精神障害者の通院に医療にかかる費用を一部負担します。

対象者 精神疾患により通院医療を受けている方

難病患者福祉金支給事業

原因が不明で、治療方法が確立されず、経過が慢性的な疾病で、医療費公費負担制度適用疾病となる特定疾患の認定を受けている方に見舞金を支給します。

対象者 一般特定疾患医療受給者等
支給額 2万円(年額)

特別障害者手当

精神または身体に著しい障害があるため、日常生活において常時特別の介護を必要とする程度の状態にある在宅の20歳以上の方に対して支給されます。所得状況による制限があります。

障害の程度
  • 障害者基礎年金1級程度の障害が重複する方
  • 障害者基礎年金1級程度と2級程度の障害が2つ以上重複する方

障害児福祉手当

日常生活において常時介護を必要とする、20歳未満の重度障害児に支給されます。ただし、身体障害者等施設入所者は除きます。また、所得状況による制限があります。

在宅障害児福祉手当

精神または身体に障害のある20歳未満の児童を家庭で養育している父母または養育者に対して、在宅障害児福祉手当が支給されます。

障害の程度
  • 身体障害者手帳1級~3級程度の障害がある方
  • 療育手帳マルA・A・B程度の方

特別児童扶養手当

精神または身体に障害のある20歳未満の障害児(者)を家庭で養育している保護者の方に支給します。支給については、所得などの状況により制限されることがあります。

障害の程度
  • 身体障害者手帳1級~3級程度の障害がある方
  • 療育手帳マルA・A・B程度の方

心身障害者扶養共済制度

心身障害者の保護者が加入者となって一定の掛け金を納めることにより、保護者に万が一のことがあった場合、障害者に対し終身年金を支給します。

掛金額 加入時の年齢により、1口あたり月額3,500円~13,300円まで7段階
年金額 1口あたり月額2万円

更正医療の給付

身体に障害を持つ方が、その障害の程度を軽くしたり、日常生活上効果が見込まれる場合に、医療の給付を行なってます。

対象者 身体障害者手帳を持っている18歳以上の方
内容 指定医療機関による診察、薬剤または治療材料の支給、手術そのほかの治療

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは社会福祉課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2015年6月18日
  • 2015年6月18日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る