市政全般

新庁舎の活用について

意見等の内容

かすみがうら庁舎の活用の意図が分かりません。かすみがうら庁舎において諸々の問題が一括で処理できないのは何故ですか。

対応状況など(回答:1.霞ヶ浦庁舎総務課 2.職員課)

  1. 旧霞ヶ浦庁舎につきましては、築後53年が経過しており、老朽化が著しく大震災等の災害が発生した場合には危険が多いうえ、狭隘化により市民に十分なサービスを提供することが難しくなっておりました。
    建設に当たっては、これまで霞ヶ浦庁舎建設審議会や議会においても、様々な角度から審議・検討され、それらの意見を踏まえて、規模や建設費の見直しを行い、市民サービスの向上と効率的な事務執行を図ることを目的に移転設備を行ってまいりました。
    また、災害発生時には、地域防災の拠点としての自家発電設備等の機能を発揮し、非常用備品等の備蓄も可能となる倉庫を有しています。さらに、庁舎敷地東側に市民交流広場を設けておりますので、市民が気軽に集まり、定期的な農産物直売会や展示会の開催等、市民の交流や活動ができる環境づくりを関係機関と協議しながら推進してまいります。

  2. かすみがうら市では、合併後、各庁舎を有効的に利用するため千代田庁舎と霞ヶ浦庁舎に事務を分担して行政運営を行っており、業務部門ごとに窓口がある庁舎が異なっているため、住民の皆さんに各庁舎への移動にご不便をお掛けしていることも事実であると思います。
    このため、それぞれの庁舎に配置されていない部・課の所管する事務につきましては、各種届出等の受付・取次ぎや証明書発行などの一部事務を実施するため、委任を受ける形で両庁舎の千代田窓口センターと霞ヶ浦窓口センターにおいて総合窓口業務を行っております。また、中央出張所においても、各部・課から委任された一部事務を取り扱っておりますので、御理解をお願いいたします。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは総務課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2015年6月18日
  • 2015年6月18日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る