くらし・手続き

飼い主のルールとマナー

飼い主のルールとマナー

  1. 飼い犬をつないでおくようにしましょう
    犬を放し飼いにすると、他人に恐怖心を与えたり、咬みつき事故をおこしたり、迷子になったり、さらには交通事故にあったりと、さまざまな事件事故の原因になります。必ずつないで飼いましょう。また、猫は室内で飼うように努めましょう。
    ※犬の「咬みつき事故」が発生したら、茨城県動物指導センターへ届け出ましょう。
  2. 環境美化につとめましょう
    愛犬・愛猫の排泄物の始末は飼い主の義務です。公共の場所(公園、道路など)や他人の土地、建物を汚さないようにしましょう。飼育場所の周辺は常に清潔にして、ハエや悪臭の発生を防ぎましょう。
  3. 身元証明で迷子をなくしましょう
    迷子をなくすためにも、犬には鑑札、狂犬病予防注射済票、迷子札(電話番号など)を必ず付けてください。
    もし飼い犬・猫が迷子になったら、すみやかに茨城県動物指導センター、環境保全課、警察署などへ連絡してください。あなたの犬・猫についての情報があるかもしれません。また、茨城県動物指導センターでは保護された犬・猫の情報をホームページでも公開しています。
    「いつか戻ってくるだろう…」と安易に考えず、すぐに届け出ましょう。
  4. 小さな命、大切に!「捨て犬」「捨て猫」をなくしましょう
    動物を捨てることは、動物愛護法に違反する行為です。また、子犬・子猫は飼っていただける方が必ず見つかるとは限りません。子犬・子猫が生まれて困るより「生まれない手術」をおすすめします。

    《避妊手術(メス)、去勢手術(オス)の効果》
    【メス】発情しないので、オスが集まらず、当然子犬・子猫も生まれない。
    【オス】発情したメスに無関心になり、あちこちに排尿(マーキング)しなくなる。
    行方不明になることも少なくなる。
    上記のほか、性格が穏やかになる、乳がんや前立腺がん、その他生殖器系の病気の発生率が低くなるなど大きなメリットもあります

  5. 立派にしつけて愛される犬・猫にしましょう
    犬・猫による被害や苦情相談が多発しています。鳴き声、排泄物による苦情、咬みつき事故などの多くは飼い主の「飼育管理」や「しつけ」によって改善することができます。
    飼い主の努力で、ご近所から愛される犬・猫にしてあげましょう。

 

茨城県動物指導センターのご案内

・飼い主への指導 ・野犬の捕獲業務
・飼えなくなった犬と猫の引き取り
・咬みつき事故の調査及び指導
・迷い犬猫の届出や保護情報 など

【住所】茨城県笠間市日沢47番地
【電話番号】0296-72-1200
【受付時間】平日午前8時30分~午後5時15分

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境保全課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2015年9月4日
  • 2015年6月18日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る