くらし・手続き

節電のお願い

警戒本部からのお知らせ -節電のお願い-

夏の節電対策について!

今夏の東京電力管内の電力需給見通しは、最低限必要な供給率は確保できる見通しではあるものの、十分な供給力とはいえないことから、昨年に引き続き15%(上下水道施設は5%、対平成22年同月)の節電目標を掲げ、市自らが率先して取り組み、無駄を省く新たなビジネス・ライフスタイルを確立するため、7月1日から9月30日の期間において、節電対策取組計画を策定しました。
市民や事業者の方々におかれましても、節電にご協力をお願いします。
なお、医療施設や取り組むが困難な方などに無理にお願いするものではありません。

電力需要のピーク時間帯・・・・・・夏季:日中

平成29年度かすみがうら市節電対策取組計画(新しいウインドウで開きます)

⇒節電対策取組計画のページ

家庭での節電対策の例

事業所での節電対策の例

家庭での節電対策の例

空調

  • 冷房は、高めの温度に設定する。
  • 空調機器の使用は、ピーク時間帯を避ける。
  • 不必要なつけっぱなしをせず、運転時間を短縮する。
  • エアコンのフィルターの清掃など、効果を高める工夫をする。

照明

  • 人のいない部屋の照明は、できるだけ消灯する。
  • 照明は、省エネルギー型の蛍光灯や電球形蛍光ランプ、LED を使用する。

トイレ

  • 温水洗浄便座のふたを閉める。
  • 手洗い用電気給湯器の電源を切る。あるいは、タイマー機能を使用する。

電気機器

  • パソコン機器やテレビの使用をできるだけ控える。
  • パソコンは、長時間席を離れたり、使用しない場合、こまめにシャットダウン。あるいは、システムスタンバイ機能を使用する。
  • プリンター、コピー機など必要最小限のもの以外は電源を切る。
  • 誰も見ていないテレビは、スイッチを切る。
  • 炊飯器、洗濯機、衣類乾燥機は、ピーク時間帯を避けて、タイマー機能を活用することで夜間や早朝の使用を心がける。
  • 冷蔵庫の庫内は、季節にあわせて温度調整をして効率的に使用する。
  • 詰め込みすぎない。冷蔵強度を適切に(強→中)。無駄な開閉をやめる。
  • 給湯器、電気ポット、コーヒーメーカー、電子レンジ等の電源を切り、コンセントを抜き、待機時消費電力を削減する。

その他

  • 電気機器などを新規で購入する時は、省エネルギータイプのものを選択する。
  • 食事や団らんの時などは、家族みんなで一つの部屋に集まる。

事業所での節電対策の例

照明

  • 広告・ネオンなどの点灯をできるだけ控える。
  • 廊下、ロビー、エレベーターホールの照明の全消灯。または、間引き照明。建物外側の照明設備の消灯

エントランス・庭

  • 無理のない範囲で自動ドアの電源を切る。
  • 噴水や滝の運転を停止する。

エレベーター・エスカレーター

  • エレベーター・エスカレーターの使用をできるだけ控える。
  • 稼働台数を概ね半分以下に。低層階のノンストップ。

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境保全課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2017年9月22日
  • 2015年6月18日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る