くらし・手続き

外国人住民の方へ

外国人住民の方へ

平成24年7月9日より、新たな在留管理制度が導入され、外国人住民の方の登録方法が、これまでの「外国人登録制度」から「住民基本台帳制度」に変わりました。これにより、外国人住民の方も日本人住民の方と同様に住民票に記載されるようになりました。

住民票の作成の対象となる方

観光目的などの短期滞在等を除いた、適法に3か月を超えて在留する外国人であって住所を有する方が対象となり、次の4つに区分されます。

(1)中長期在留者
(永住者の方を含む、在留カード交付対象の方)
適法な在留資格を有し、在留期間が3か月を超える方です。在留資格が短期滞在や外交または公用の方は対象外となります。対象となる方には入国管理局より、在留カードが交付されます。
(2)特別永住者 入管特例法に定められている特別永住者の方です。特別永住者証が交付されます。特別永住者証明書の更新や交付の手続きは千代田庁舎市民課で行います。
(3)一時庇護許可者又は仮滞在許可者 入管法の規定で、一時庇護のための上陸の許可を受けた外国人の方(一時庇護許可者)や難民認定申請を行い、仮に我が国に滞在することを許可された外国人の方(仮滞在許可者)です。対象となる方には、一時庇護許可書または仮滞在許可書が交付されます。
(4)出生による経過滞在者又は国籍喪失による経過滞在者 出生または日本国籍の喪失により我が国に在留することになった外国人に方です。
入管法の規定により、事由が生じた日から60日を限り、在留資格を有することなく在留することができます。

外国人住民の方に関する手続

外国人住民の方も日本人住民の方と同様の手続きで住民登録や住所変更を行うようになりました。

 必要なもの
転入届
(外国から、かすみがうら市へ)
(1)入国する際に交付される在留カードまたは「在留カード後日交付」というスタンプの押されたパスポート
転入届
(他市町村から、かすみがうら市へ)
(1)転出証明書
(2)在留カードまたは特別永住者証(みなしを含む)
(3)住民基本台帳カード(※交付を受けている方のみ)
転居届
(かすみがうら市内での転居)
(1)在留カードまたは特別永住者証(みなしを含む)
(2)住民基本台帳カード(※交付を受けている方のみ)
転出届
(かすみがうら市から他の市町村または外国へ)
(1)本人であることが分かるもの

平成24年7月9日から、在留資格の変更や在留期間の更新、在留カードの更新、氏名の変更手続きは、特別永住者の方を除き、すべて入国管理局で行われるようになりました。

※在留資格が「短期滞在」や在留資格のない方について

住民票の作成対象となりませんので、住民票の写し等の交付を受けることや印鑑登録をすることができなくなります。
許可された在留期限を超えて日本に滞在する予定のある方、すでに在留期限を超えて日本に滞在している方は、お早めに入国管理局にて在留資格の取得などの手続きを行って下さい。入国管理局で在留資格の許可を受けた後、市役所でも住民登録の届出を行っていただく必要がありますので、在留カードをお持ちになり、市民課千代田窓口センター(千代田庁舎)・中央出張所(働く女性の家)のいずれかで手続きを行ってください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは市民課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2015年6月29日
  • 2015年6月18日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る