1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 健康>
  4. 感染症>
  5. インフルエンザ予防について

子育て・健康・福祉

インフルエンザ予防について

例年12月~4月にかけてインフルエンザ流行のシーズンを迎えます。インフルエンザは症状が重く、特に乳幼児や高齢者など抵抗力の弱い方がかかると重症化しやすくなります。

インフルエンザの症状

インフルエンザのウイルスの感染を受けてから1~3日間程の潜伏期間を経て、発熱、関節痛、全身のだるさ、悪寒が現れます。

インフルエンザを予防するためにできること

インフルエンザウイルスは、インフルエンザにかかった人の咳、くしゃみなどのしぶきとともに放出されたウイルスが体内に侵入することにより感染します。

(1)こまめに手洗いを心がけましょう。

(2)流行期に外出する場合には、できるだけ人混みを避け、マスクを着用しましょう。

(3)日頃からバランスの良い食事を心がけ、十分な睡眠をとりましょう。

(4)流行前に予防接種を受けましょう。

インフルエンザにかかった場合の対応

(1)早めに医療機関に受診する

(2)安静と休養

(3)水分をとる

(4)発症してから3~7日間はウイルスを排出すると言われていますので、その間は外出を控える

インフルエンザと普通の風邪の違い

一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。

一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等全身の症状が突 然現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している 方では肺炎を伴うなど、重症になることがあります。

 

※茨城インフルエンザ流行情報(茨城県保健福祉部保健予防課)(新しいウインドウで開きます)

※正しい手洗い方法(茨城県保健福祉部保健予防課)(新しいウインドウで開きます)

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり増進課(霞ヶ浦保健センター)です。

〒300-0134 かすみがうら市深谷3671-2

電話番号:0299-59-2111(代表) 029-898-2312(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年1月30日
  • 2015年11月19日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る