ボート
  1. ホーム>
  2. 医療>
  3. 予防接種>
  4. お子さんの予防接種前の確認事項

医療

お子さんの予防接種前の確認事項

注意したいこと

  1. 接種の前日は入浴し、身体を清潔にしましょう。
  2. 接種当日は、朝からお子さんの様子をよく観察し、普段と変わったところがないか確認しましょう。体調に変化がある場合は、かかりつけの医師にくわしく伝えましょう。
  3. お子さんの状態をよく知っている保護者が同行しましょう。
  4. 予診票はお子さんを診察して接種する医師への大切な情報です。正確に記入しましょう。
  5. 母子健康手帳には予防接種の記録を記入します。忘れずに持参しましょう。

医師との相談が必要な場合

  1. 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気及び発育障害などの治療を受けているお子さん
  2. 予防接種後、発熱・発疹・アレルギーがみられたお子さん
  3. 今までにけいれん(ひきつけ)を起こしたことがあるお子さん
  4. 過去に免疫不全の診断されているお子さん及び近親者に先天性免疫不全症の人がいるお子さん
  5. ワクチンの主成分・抗生物質・添加物に対し、アレルギーのあるお子さん
  6. BCG接種の場合は、家族に結核患者がいて長期に接触があった場合など、過去に結核に感染している疑いのあるお子さん

予防接種を受けることができない場合

  1. 発熱(37.5度以上)をしているお子さん
  2. 急性の病気にかかっているお子さん
  3. その日に受ける予防接種の成分でアナフィラキシーを起こしたことが明らかなお子さん
  4. BCGでは、予防接種や外傷によりケロイドが認められるお子さん
  5. 予防接種を受けようとする病気にすでにかかった場合や現在かかっているお子さん
  6. その他、医師が診察して不適当と判断した場合

予防接種を受けた後に注意したいこと

  1. 接種後30分は接種を受けた場所でお子さんの様子を観察するか、医師とすぐに連絡をとれるにようにしておきましょう。
  2. 接種後、生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意しましょう。
  3. 接種当日は、はげしい運動は避けましょう。
  4. 接種部位は清潔にしましょう。入浴は可能ですが、接種部位はこすらないようにしましょう。
  5. 接種後、接種部位の異常な反応や体調の変化があった場合には、速やかに受診しましょう。

健康被害に関する救済制度

予防接種法で定められた予防接種によって引き起こされた副反応により健康被害が生じた場合は、「予防接種健康被害救済制度」による給付を受けることになります。
任意予防接種(水痘・おたふくかぜ)による健康被害については、「独立行政法人医薬品医療機器総合機構法」に基づく給付を受けることになります。霞ヶ浦保健センターにご相談ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは健康づくり増進課(霞ヶ浦保健センター)です。

〒300-0134 かすみがうら市深谷3671-2

電話番号:0299-59-2111(代表) 029-898-2312(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 【アクセス数】
  • 【更新日】2016年1月29日
  • 【公開日】2015年6月18日
印刷
このページの先頭へ
スマートフォン用ページで見る