ボート
  1. ホーム>
  2. かすみっ湖>
  3. 子育て>
  4. 0歳児>
  5. 7か月児~お座りできて世界が広がる

子育て

7か月児~お座りできて世界が広がる

お座りやハイハイができるようになると、急速に自分の世界が広がります。 ときには、「いたずら」に見えることも・・・。怒るより見守ることが肝心。

7か月児~お座りできて世界が広がる

発育のめやす

運動

運動機能の発達にも個人差が目立ちますが、この頃にはほとんどの赤ちゃんが支えなしで座っていられるようになっています。また、腹ばいの状態も好きで手足の筋肉もつき、ずりばいをする赤ちゃんも見られます。

こころ

この頃には大人の言葉から伝わる感情を漠然と理解できるようで、ほめられれば喜び、「ダメ!」と叱られれば泣き出す こともあります。このように、知恵や感情が発達することで昼間受けた刺激が原因で夜中急に泣き出すこともあります。

知覚

名前を呼ばれると振り向き、パパやママなどの声は聞き分けられるようになります。また、周囲への観察力が高まり、 大人の真似が上手になってきます。模倣(もほう)をすることで学習し、知能が高まってくると言われています。赤ちゃんの言葉も喃語(なんご)から意味を持つ単語のような感じになってきます。

パパママ遊ぼう♪

おつむてんてん

『ぬいぐるみで遊ぶ』の画像ひとりで座ることはまだちょっと難しい赤ちゃんも、パパママのひざに座るのは大好き。ひざに赤ちゃんを乗せて座ったら、赤ちゃんのお手てをもって、手遊びをしましょう。「おつむてんてん、ひじぽんぽん」や「かいぐりかいぐり、とっとのめ」など、パパママが知っ ている手遊び歌ならなんでも OKです。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子ども家庭課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ
スマートフォン用ページで見る