ボート
  1. ホーム>
  2. かすみっ湖>
  3. 子育て>
  4. 1歳児~>
  5. 1歳6か月から2歳児~よちよち、とことこ、西へ東へ小さな冒険家

子育て

1歳6か月から2歳児~よちよち、とことこ、西へ東へ小さな冒険家

お散歩大好き、好奇心も旺盛。小さな冒険家が危険な目にあわないように、環境を整えて見守ることが大切です。

1歳3か月から1歳6か月児~ワンワンがいっぱい

発育のめやす

からだ

  • 1歳から2歳までの間は、体重はあまり増えないわりに身長が伸びるので、次第にスマートな体つきになってきます。脚も細めになってきて、きちんと立たせると、ひざがくっついてかかとが離 れるX脚になります。
  • 運動面では、基本的な運動の発達はすでに終わり、これからはそれらの運動に磨きをかけていく時期です。
  • まだ上手とはいえないけれど、自分でコップを持って飲んだり、 スプーンをなんとか使いこなして食べたり、どうにかひとりで食事ができます。
  • 視力の発達に大切な時期です。両眼視の機能は2歳頃ほぼ完成 します。

ことば

  • 言葉をふたつつなげて、話すことができるようになります。主語と述語の関係が理解できたことになります。大人も子どもの考えていることがわかって楽になります。
  • 言葉の広がりが考えの世界を広げていきます。体験を通して獲得します。テレビを消して、一緒に生活体験をしましょう。
  • 言葉は大人の行動(話している言葉)を真似して覚えていきます。

こころ

  • 身についた能力を何度でも試したい時期です。何度も挑戦させましょう。
  • この2年間で、何かあっても必ず助けてくれるという体験を通して、他者を心から信頼できるという感覚を身に付けます。これを「基本的信頼感」 といって、もっとも大事なことです。
  • 遊びにも変化が出てきます。ほかの子とおもちゃの取り合いをする、一緒にいても一人ひとりわが道を行くという平行遊びです。また、積み木を車に見立てる「見立て遊び」、人形やぬいぐるみを擬人化して、誰かのふりをして遊ぶようになります。

生活

  • 体全体がどんどん大きくなり、脳や内臓ができる時期なので、体にしっかりと栄養分を届けましょう。
  • 子どもの"食べもの"や"食べること"に対する興味をつぶさないように、味わう力を育てましょう。
  • まわりの人間に反応しはじめる時期です。家族みんなの楽しい食卓にしましょう。
  • トイレの自立に向けて!(おむつはずしの準備)

パパママ遊ぼう♪

『パパママ遊ぼう♪』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは子ども家庭課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
このページの先頭へ
スマートフォン用ページで見る