くらし・手続き

小型家電リサイクル法

小型家電リサイクル法とは?

年間約65万トンに及ぶ小型家電製品が廃棄されており、その中には844億円にもなる貴金属が含まれていると言われています。

小型家電リサイクル法(使用済小型電子機器等の再資源化の促進に関する法律)はそれらの製品の資源のリサイクルを促進するために2013年4月に施行されました。

家庭で使えなくなった小型家電はもちろん、企業で使用していた携帯電話やパソコンなども法律の対象です。

小型家電リサイクル法の対象品目

携帯電話 デジタルカメラ ビデオカメラ 携帯ゲーム機 携帯音楽プレーヤー
『携帯電話』の画像 『デジタルカメラ』の画像 『ビデオカメラ』の画像 『携帯ゲーム機』の画像 『携帯音楽プレーヤー』の画像

電子辞書

ICレコーダー

電  卓 カーナビ ACアダプタ
『電子辞書』の画像 『ICレコーダー』の画像 『電卓』の画像 『カーナビ』の画像 『ACアダプタ』の画像

※これら以外にも電気カミソリや扇風機なども対象になっており、約100品目の製品が対象となっています。

小型家電の回収方法

これまでは、新治広域事務組合環境クリーンセンター(以下 環境クリーンセンター)に不燃ごみや粗大ごみ、直接搬入により出されたごみからピックアップ方式により回収していました。

市ではそれらに加えて平成28年6月から環境保全課窓口(霞ヶ浦庁舎)に「使用済小型家電回収ボックス」を設置し、回収を行っております。

また、新治地方広域事務組合環境クリーンセンターの可燃ゴミ搬入ピット内にも回収ボックスを設置しており、搬入の際に分別していただけるようお願いしています。

環境クリーンセンター 環境保全課窓口
『環境クリーンセンター回収ボックス』の画像 『環境保全課回収ボックス』の画像

小型家電の出し方

(1)環境保全課窓口または環境クリーンセンターの回収ボックスに入れる。
※回収品目については投入口に入るものを回収しています。
※回収費用はかかりません。

(2)「粗大ごみ」の回収日に集積所に出す。
※詳細につきましては環境保全課にお問い合わせください。

注意点

・個人情報が含まれるものは、あらかじめデータを消去してください。
・一度投入されたものは返却できません。入れる前によく確認をしてからお出しください。
・袋や箱などには入れず、小型家電のみを投入してください。
・取り外し可能な電池やバッテリー類は取り外してください。
・ご家庭から出た小型家電が回収の対象となります。

関連資料・リンク

環境省パンフレット

ウィーアーコガタカデンズ

環境省HP(小型家電リサイクル関連)

家電リサイクル法のページ(かすみがうら市HP)

 

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境保全課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年6月21日
  • 2016年6月13日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る