1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 環境・衛生・ペット>
  4. 土砂等による埋立て・盛土等に関する手続きについて

くらし・手続き

土砂等による埋立て・盛土等に関する手続きについて

かすみがうら市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の制定・改正について

建設工事から排出される土砂、いわゆる「残土」については法令による規制がなく、「残土」と称して廃棄物を不法に投棄する事例が見受けられるようになったことから、かすみがうら市では平成17年に条例を制定し規制してきました。

しかしながら、昨今の残土処理計画への対応については、土砂の崩落や流出などの安全対策が必要となることや、無許可による残土埋立て事案が頻発していることから、平成28年3月に残土条例の一部改正を行い、平成28年7月1日より施行することとなりました。

条例の概要

「かすみがうら市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例」(以下条例)では、5,000m2未満の土砂等の埋立て(5,000m2以上は県の許可)を行う場合、市長の許可を受けることが義務付けられています。

また、条例ではセメントや石灰を混合し化学的安定処理によって土質改良され、水素イオン濃度指数が規則で定める基準に適しない土、いわゆる「改良土」の搬入を禁止しています。

なお、事業に用いる土砂等については茨城県内から発生したものであることと定めております。

事業者は「かすみがうら市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の手引き」に基づき、土砂等の搬入を開始する前に必要な手続きを行わなくてはなりません。

かすみがうら市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例の手引き(新しいウインドウで開きます)

【お知らせ版】かすみがうら市土砂等による土地の埋立て等の規制に関する条例について(新しいウインドウで開きます)

許可申請の流れ

事前協議書類

許可申請書類

主な改正点(平成28年7月)

(1)事業許可に係る事業区域面積の改正(第8条関係)下限値撤廃

※5,000m2未満の事業は全て市長の許可が必要になります。

(2)改良土の基準値の設定(第11条関係)

・水素イオン濃度指数(4以上9未満)

・測定方法 地盤工学会基準JGSO211-2009「土懸濁液のpH試験方法」

(3)欠格要件の設定(第11条関係)

・許可を取り消され、かつ、当該取消しの日から5年を経過していない者

・停止命令の期間を経過していない者

・中止命令を受けている者

・必要な措置命令を受けている者

・条例又は条例に基づく処分に違反して刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しないこと

・その他市規則で定める要件に該当する者

許可申請の流れ

事前協議

(1)事前協議書の提出

規則で定める事前協議書類(インデックス付)を2部持参のうえ、環境保全課の窓口にて事前協議を行います。

※事前協議書に添付する資料をよく確認して提出してください。協議書が整うまでは受理いたしません。

事前協議書類

(2)意見書への回答

事前協議書を受理後、市関係課から意見を徴して作成した意見書が送付されますので、文書で回答します。

(3)埋立て計画地の現地確認

埋立てを計画している場所で市担当者及び事業主・事業施行者の立会いの下、現地確認を行います。

(4)説明会の開催

周辺関係者等へ説明会を開催し、同意を得たことを示す書類(様式9号、10号、12号)を作成し、環境保全課にて内容の確認を行います。

内容の確認後、問題がなければ事前協議は終了となります。

 

許可申請

(1)許可申請書の提出

規則で定めている許可申請書類(インデックス付)を2部提出します。

※申請書が整うまでは受理いたしません。

また、許可申請を行うにあたり手数料が発生します。

※かすみがうら市手数料条例(別表第1抜粋)

土砂等による土地の埋立て等の規制に関する手数料

 

許可申請

1,000平方メートル未満

1件

10,000円

3,000平方メートル未満

1件

22,000円

5,000平方メートル未満

1件

45,000円

変更

1,000平方メートル未満

1件

1,000円

3,000平方メートル未満

1件

2,200円

5,000平方メートル未満

1件

4,500円

埋立て等区域の面積の変更を含む変更を行うもの(面積の増加により区分を変更するものを除く。)

1件

10,000円

埋立て等区域の面積の変更を含む変更を行うもので、面積の増加に伴い区分を変更するもの

変更後の土地の埋立て等の許可申請手数料の区分の手数料の金額から、変更前の土地の埋立て等の許可申請手数料の区分により徴収した額を控除して得た額

許可申請書類

(2)土砂発生元調査

書類審査を行うと同時に搬入する土砂等の発生元の調査を行います。

その後、「土砂等発生元証明書」(様式第6号)を提出します。

(3)土砂等搬入届(様式第16号)の提出

市の書類受理通知後、土砂搬入の7日前までに「土砂等搬入届」(様式第16号)を提出します。

(4)土砂等搬入立会い・試料採取立会い(1回目)

土砂等の搬入初日に市職員立会いの下、試料の採取(1回目)を行います。

その後、「土壌調査資料採取報告書」(様式第7号)及び「地質分析結果証明書」(様式第8号)を提出します。

(5)土砂等搬入完了・試料採取立会い(2回目)

土砂等の搬入が完了し次第、市職員立会いの下、試料の採取(2回目)を行います。

その後、「土壌調査資料採取報告書」(様式第7号)及び「地質分析結果証明書」(様式第8号)を提出します。

(6)事業完了

事業完了届(様式第17号)を提出して事業完了となります。

 

各種様式

事前協議書類

各種様式 様式番号
事前協議書 様式第1号
事業計画書 様式第2号
事前協議済書 様式第3号

許可申請書類

各種様式 様式番号
事業許可申請書 様式第4号
事業に用いる土砂等の搬入計画 様式第5号
土砂等発生元等証明書 様式第6号
土壌調査試料採取報告書 様式第7号
地質分析結果証明書 様式第8号
事業区域の土地所有者同意書 様式第9号
事業計画の周辺関係者同意書 様式第10号
事業に関する誓約書 様式第11号
事前説明会実施報告書 様式第12号
事業実施に関する事前周知標識 様式第13号
事業変更許可申請書 様式第14号
事業変更届 様式第15号
土砂等搬入届 様式第16号
事業完了届 様式第17号
事業廃止(休止)届 様式第18号
事業再開届 様式第19号
事業状況報告書 様式第20号
事業地位継承届 様式第21号
事業に関する標識 様式第22号
事業施行管理台帳 様式第23号

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境保全課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年6月24日
  • 2016年6月21日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る