1. ホーム>
  2. 観光・学ぶ>
  3. 史跡>
  4. 県指定>
  5. 絹本著色阿弥陀三尊来迎図

観光・学ぶ

絹本著色阿弥陀三尊来迎図

【県指定文化財】

『絹本著色阿弥陀三尊来迎図』の画像

宍倉地区の浄土宗最勝寺にある阿弥陀如来来迎図で、宍倉城主である菅谷隠岐守の母が寄進したと伝えられています。阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩が三幅に分かれて描かれており、それぞれ縦100センチメートル、横44センチメートルの大きさです。中央の阿弥陀如来は、上品下生の印を結び、右の観音菩薩像は蓮台を持ち、左の勢至菩薩は合掌して踏分け蓮華にのっています。製作時期は、鎌倉時代末期とされてきましたが、近年では江戸時代の作とする見解もあります。なお、元禄4年(1691)に水戸藩2代藩主徳川光圀によって修理されたといわれています。 

所在地 かすみがうら市宍倉787
所有者または管理者 最勝寺

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒300-0134 かすみがうら市深谷3719-1

電話番号:029-897-0511(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年10月3日
  • 2016年10月3日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る