観光・学ぶ

鰐口

【県指定文化財】

『鰐口』の画像

鰐口は、社寺の建物の軒下に吊るし、祈願のために前に垂らした綱を引いて打ち鳴らす梵音具です。本鰐口は、青銅製で直径33センチメートル、厚さ7.3センチメートルを計り、全体的に薄手の作です。中央の撞座を直径6cmの蓮華座とし、その外は同心円の圏線によって5区に分けられており、外側に下記のような銘文が陰刻されています。 

「常州國南野庄安食郷太宮鰐口 応永十年癸末三月廿八日 浄超敬白」  

この銘文から、太宮神社の社僧である浄超が応永10(1403)年に奉納したものであることが分かります。 

所在地 かすみがうら市安食1071
所有者または管理者 太宮神社

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒300-0134 かすみがうら市深谷3719-1

電話番号:029-897-0511(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年10月7日
  • 2016年10月3日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る