1. ホーム>
  2. 観光・学ぶ>
  3. 史跡>
  4. 県指定>
  5. 木造地蔵菩薩立像

観光・学ぶ

木造地蔵菩薩立像

【県指定文化財】

『木造地蔵菩薩立像』の画像

戸崎地区の松学寺は曹洞宗の寺で、寺伝によれば明応2年(1493)の創建といわれています。本像は、像高101.4センチメートルの一木造りで、右肩外側部を別材で矧ぎつけています。胸の周辺には粗い鑿目が残り、体部は奥行きがなく偏平で、衣文には漆の線文が見られます。鼻先、両手先、持物の錫杖、両足先、腹前の飾りはすべて後世の補作で、蓮弁文の円光背や台座も後補です。右手には錫杖を持っており、腹帯をしているところから、通称「腹帯地蔵」とよばれ、安産信仰の対象として近隣の人々に親しまれています。製作時期は、平安時代の様式がうかがえますが、時期は下がるものとみられています。 

所在地 かすみがうら市戸崎1300
所有者または管理者 松学寺

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒300-0134 かすみがうら市深谷3719-1

電話番号:029-897-0511(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年10月3日
  • 2016年10月3日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る