1. ホーム>
  2. 観光・学ぶ>
  3. 史跡>
  4. 市指定>
  5. 木造千手観音菩薩坐像

観光・学ぶ

木造千手観音菩薩坐像

【市指定文化財】

『木造千手観音菩薩坐像』の画像

寄木造り玉眼の坐像で、大きさは78.5センチメートルを測ります。頭上に頂上仏、高髻元に4菩薩、地髻元に6菩薩を配し、天冠台を彫出しています。髪は毛筋彫り、上半身は裸形で左肩から条帛をかけ、また両肩から天衣をまとっています。下半身は裳をまとい、右足を上に結跏趺坐し、手は四十二臂で二手を胸前で合掌し二手を臍前で宝鉢(欠失)をとる姿であらわされ、両肩からの脇手はそれぞれの持物をもっています。彩色は肉身部を漆箔、髪を群青、衣を漆塗として非常に美麗ですが、これは台座裏の墨書銘から大正11年の補彩であると思われます。製作年代は、後世の彩色により本来の姿を失っていますが、作風から鎌倉時代後半から末期と推定されます。 

所在地 かすみがうら市志安食972
所有者または管理者 福蔵寺

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒300-0134 かすみがうら市深谷3719-1

電話番号:029-897-0511(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年10月4日
  • 2016年10月4日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る