1. ホーム>
  2. 観光・学ぶ>
  3. 史跡>
  4. 市指定>
  5. 木造薬師如来坐像

観光・学ぶ

木造薬師如来坐像

【市指定文化財】

『薬師如来坐像』の画像

髪際を一文字に結んでいます。玉眼による視線は厳しく、頬を膨らませ頸の三道が豊かに表現されています。衲衣の作出は穏やかで、足裏を見せて結跏趺坐しています。右手を施無畏印、左手に薬壺をもつ薬師如来像が小さい像ながら端正にまとめられています。 像の構造は、頭部と体幹部を一材から彫りだし、両耳脇で前後に割り内刳りが施されています。全体を布張りのサビ下地とし、漆塗りの後に金箔仕上げがなされています。製作時期は、平安時代の制作技法の特徴を見せてはいるものの、顔の表情に厳しさが認められるとともに、玉眼の技法であることから、鎌倉時代の初期の制作と考えられます。 

所在地 かすみがうら市志加茂4476
所有者または管理者 南円寺

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは生涯学習課です。

〒300-0134 かすみがうら市深谷3719-1

電話番号:029-897-0511(直通)

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年10月4日
  • 2016年10月4日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る