観光・学ぶ

杉材の乾燥

乾燥は天日で乾かすだけではない。
雨や風にさらすことが大事だ。
さらすことで、板のあくが抜ける。
あくを抜いて乾燥させたほうが、木が長持ちする。
また、杉板がゆがまないようにするのが大切なので、立てて干したり、反った板を返したりして、常に気を配りながら干す。

  • 十分に乾燥させるには、天気にもよるが2カ月程度が目安。
    『『霞ヶ浦湖岸での乾燥の様子』の画像』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年11月9日
  • 2016年11月9日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る