観光・学ぶ

網の仕組み

帆引き船の網は、帆げたからのつり縄と出し棒からの出し縄によって、網口をより立体的に開くことができる。

 

  • 陸上での網の再現

 

 

 

 

 

 

 

 

現在のトロールは開口板(オッターボード)によって強制的に網口を開かせることができる。

帆引き船は当時から網口を立体的に大きく開くことができた。
                                  
  • 上層びき【シラウオ】(昼)
  • 中層びき【ワカサギ】(夜)
  • 下層びき【ワカサギ】(昼)
帆引き船の網の形は大徳網を小さくしたもの。しかし通常の網は水を逃がすために、網目が開くのに対し、帆引き網は水圧を得るため網目が縮まる。網目が開くことを「イセル」といい、狭まることを「ねむる」という。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年11月9日
  • 2016年11月9日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る