観光・学ぶ

サッパ船とミヨシ船

折本良平が帆引き船を考案(明治13年)した当時は、サッパ船が使用された。安定はしていたものの、沖へ漕いでいくには波切りが悪いという欠点あったため、海で使われていた波切りの良いチョキ(猪牙)船を元に、サッパ船の長所を取り入れミヨシ船を造った。ミヨシ船の登場は漁獲量の増大をもたらし、以後、霞ヶ浦の漁船の主流となった。玉造の船大工、田上亀次郎が銚子へ行き、チョキ船の製造を学び霞ヶ浦で最初に造ったという。

                         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷板の面積と根板と敷板の角度を見るとそれぞれの船の性格がよく理解できる。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年11月9日
  • 2016年11月9日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る