観光・学ぶ

ミヨシの役割

帆引き船の船首には大きなミヨシが取り付けられており、船の名前の由来にもなっている。

霞ヶ浦は湖底が浅いため少しの風でも波が立ちやすい。大風の時ほど、帆引き漁には好条件なのだ。そんな中漁師たちは、船を流すために風上に向かって漕いでいかなければならない。霞ヶ浦の波は海に比べると波間が短いため、波に乗れず断続的に波をたたきながら進むことになる。その衝撃は海の比でないといわれている。大きなミヨシはそのような波を切るためにある。

                         

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年11月9日
  • 2016年11月9日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る