観光・学ぶ

焼き曲げ

  • 船の形にするためには、板を曲げなければならない。
    火であぶり、熱によって板を曲げる。
    木の質によって曲がりの良い板と悪い板がある。
    曲がりが少ないとクギで打ちつけるとき苦労するし、曲がりすぎても良くない。
    木にもどりがあるため、それを計算に入れて曲げる。
    敷板(船底の板)は3枚の板を接合してから焼き曲げをする。
    木が燃えないように水をかけながら火であぶる。

    敷板の焼き曲げの様子
    『敷板の焼き曲げの様子』の画像

    『』の画像     『』の画像


問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年11月9日
  • 2016年11月9日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る