1. ホーム>
  2. 観光・学ぶ>
  3. 帆引き船>
  4. 帆引き船の製作工程>
  5. ジマツラ(トネ木)と竜骨

観光・学ぶ

ジマツラ(トネ木)と竜骨

船の骨格とも言うべき竜骨とジマツラを取り付ける。強固な船体をつくる。
洋船は、最初に竜骨で船の骨組みをつくってから、船板を張っていくが、和船は船体を造ってからジマツラと竜骨で補強する。
波の衝撃がより強い船首へ行くに従い間隔を狭くしていく。

  • 竜骨とジマツラはボルトで固定する。
    以前は和クギを使った。
    ケヤキは固く打ち込むのに難儀したという。
    『』の画像

    竜骨の墨付け
    『マキハダで防水する』の画像

    竜骨はケヤキでつくる。
    ケヤキは材質が硬く割れにくいが、加工が大変である。

    マキハダで防水する
    『竜骨の墨付け』の画像

  • マキハダをボルトに巻きつける。
    『』の画像

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年11月9日
  • 2016年11月9日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る