1. ホーム>
  2. 観光・学ぶ>
  3. 帆引き船>
  4. 帆引き船の歴史>
  5. 帆引き船 秋田県八郎潟に伝わる

観光・学ぶ

帆引き船 秋田県八郎潟に伝わる

旧霞ヶ浦町田伏出身で、国民的歌手坂本九の実祖父。

明治35年、家族とともに秋田県山本郡浜口村芦崎(現八竜町芦崎)に移住。

明治35年~40年頃、帆引き船を伝える。

金吉は地元の伊東倉吉らとともにエビの加工、販売などにも力を入れ、秋田、山形をはじめ、東京や茨城の問屋とも取引きをしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2点とも秋田県八竜町芦崎の伊東家に伝わる。

  • 金吉の印が入ったエビド
金吉の印が入ったエビド

 

 

 

 

  • 判取帳
判取帳

 

 

 

 

 

帆引き船は八郎潟では打瀬船と呼ばれ、使用された船は八郎潟特有の潟船と呼ばれる船である。

潟船は底が平らで細長い箱型をしている。重木づくりに特徴づけられる。

  • 八郎潟が干拓される前の打瀬船

 

八郎潟が干拓される前の打瀬船

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二艘引き。船を二艘連結して行う。霞ヶ浦にはない漁法である。

スピードが増し、一艘引きより魚が獲れるという。

  • 第18回八郎湖ウォーターフェスティバルでの観光うたせ船 (秋田県八郎湖)[平成16年8月撮影]
第18回八郎湖ウォーターフェスティバルでの観光うたせ船

 

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは観光商工課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年11月9日
  • 2016年11月9日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る