子育て・健康・福祉

高齢者の障害者控除

障害者手帳の交付を受けていない65歳以上で要介護・要支援認定を受けている方が一定の要件を満たす場合は、確定申告や年末調整時に所得税や住民税の「障害者控除」「特別障害者控除」を受けることができます。

申請方法

申請書に必要事項を記入・押印し、介護長寿課へ提出してください(郵送可)。

※申請書は、介護長寿課(千代田庁舎)、霞ヶ浦窓口センター(霞ヶ浦庁舎)、中央出張所にも設置しています。
※「障害者手帳などで障害者控除を受ける方」「本人または扶養者が非課税になる方」は申請の必要がありません。要介護認定を受けていても、控除対象外の場合もあります。

対象者

区分 対象者判定基準 控除額
所得税 住民税
障害者控除 認知症高齢者の日常生活自立度2a、2bに該当する方 27万円 26万円
障害高齢者の日常生活自立度Bに該当する方
障害特別者控除 認知症高齢者の日常生活自立度3a、3b、4、Mに該当する方 40万円 30万円
障害高齢者の日常生活自立度Cに該当する方

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは介護長寿課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2016年11月16日
  • 2016年11月16日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る