1. ホーム>
  2. 就労・産業・事業者の方>
  3. 農業>
  4. クロピラリドによる生育障害

就労・産業・事業者の方

クロピラリドによる生育障害

クロピラリドが原因と疑われる生育障害発生について

輸入粗飼料を給与した家畜の排せつ物由来の堆肥を使用した場合、海外で使用された農薬成分(クロピラリド)により、トマト、スイートピーなどの園芸作物や、マメ科牧草などの生育に障害を起こす可能性があります。

畜産農家の皆様へ
  • 輸入粗飼料を購入する際には、履歴を確認しましょう。
  • 堆肥(排せつ物)を販売・譲渡する際には、情報を伝達しましょう。
  • マメ科牧草に堆肥等を施用する際には、留意が必要です。
耕種農家の皆様へ
  • 堆肥の情報を確認しましょう。
  • 堆肥を購入する際は、クロピラリドが堆肥中に残留している可能性を堆肥製造業者等に確認し、履歴のはっきりした堆肥を選びましょう。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは農林水産課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら
  • 2017年2月1日
  • 2017年2月1日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る