1. ホーム>
  2. 子育て・健康・福祉>
  3. 子育て・健康・福祉のお知らせ>
  4. 臨時福祉給付金(経済対策分)について

子育て・健康・福祉

臨時福祉給付金(経済対策分)について

 臨時福祉給付金(経済対策分)は、平成26年4月に実施した消費税率引上げによる影響を緩和するため、所得の少ない方に対して、制度的な対応を行うまでの間の暫定的・臨時的な措置として実施するものです。

今回は、国の経済対策の一環として、平成29年4月から平成31年9月までの2年半分を一括して給付します。

 

 

 『『『カクニンジャ 赤』の画像』の画像』の画像  『『『給付金 男』の画像』の画像』の画像  『『『給付金 女』の画像』の画像』の画像  『『給付金 高齢者男』の画像』の画像  『『『給付金 高齢者女』の画像』の画像』の画像

 

支給対象者

以下のどちらも該当する方

  1. 平成28年1月1日時点でかすみがうら市に住民票がある方
  2. 平成28年度個人住民税(市民税・県民税)が課税されていない方

※ご自身を扶養している方が課税されている場合や生活保護制度の被保護者となっている場合などは支給対象となりません。

支給金額

対象者1人につき15,000円

申請方法

申請書は非課税者および未申告の方に送付されます。申請書に必要事項を記入し、社会福祉課(千代田庁舎)、霞ヶ浦窓口センター(霞ヶ浦庁舎)、中央出張所まで申請してください。郵送の場合は、社会福祉課(千代田庁舎)まで郵送してください。また、申請書は両庁舎および中央出張所の窓口にも設置しています。

※未申告の方は平成28年度の住民税申告が必要となり、その際、個人住民税(市民税・県民税)課税対象者となった場合は支給対象者とはなりません。

申請期間

平成29年5月15日(月曜日)~平成29年10月2日(月曜日)

申請期間を過ぎたものは受け付けることができません。申請書がお手元に届きましたら、お早めに申請してください。

厚生労働省のホームページ

○臨時福祉給付金(経済対策分)   http://www.2kyufu.jp/(新しいウインドウで開きます)

給付金を装った「振り込め詐欺」や「個人情報の詐欺」にご注意ください。

  • かすみがうら市や厚生労働省(の職員)などがATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。
  • かすみがうら市や厚生労働省(の職員)などが、給付金を支給するための振込を求めることは絶対にありません。
  • 給付金の申請にマイナンバーは必要ありません。
  • かすみがうら市や厚生労働省(の職員)などをかたった不審な電話や郵便、メールがあった場合にはお住まいの市町村や警察署(警察相談窓口電話(♯9110)にご連絡ください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは社会福祉課です。

〒315-8512 かすみがうら市上土田461

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら
  • 2017年4月27日
  • 2017年4月27日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る