1. ホーム>
  2. くらし・手続き>
  3. 道路>
  4. かすみがうら市 橋梁点検結果

くらし・手続き

かすみがうら市 橋梁点検結果

かすみがうら市 橋梁点検結果について

平成26年7月に道路法が改正され、道路管理者は、すべての橋梁について5年に一度、近接目視等で点検を行うことが義務付けされました。当市では平成27年度から平成30年までにすべての橋梁を点検し、道路橋各部材の状況を把握、診断し、計画的な修繕を行い安全な交通の確保、第三者への被害防止に努めていきます。 

  • 橋梁定期点検では点検結果の健全性を以下の4段階で診断します。 

判定区分

定義

1

健全

道路橋の機能に支障が生じていない状態。

2

予防保全段階

道路橋の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態。

3

早期措置段階

道路橋の機能に支障が生じる可能性があり、早期に措置を講ずべき状態。

4

緊急措置段階

道路橋の機能に支障が生じている。又は生じる可能性が著しく高く、緊急に措置を講ずべき状態。

橋梁点検結果については以下のとおりです。 

 平成27年度 橋梁点検結果

橋梁名(フリガナ)

路線名

架設年次(西暦)

橋長(m)

幅員(m)

点検記録

判定区分

下志筑橋(シモシヅクバシ)

市道6-0002号線

1981

51.7

5.5

2

松延橋(マツノベバシ)

市道8-2426号線

1981

59.8

4.0

2

 平成28年度 橋梁点検結果

橋梁名(フリガナ)

路線名

架設年次

(西暦)

橋長(m)

幅員(m)

点検

記録

判定区分

要害橋(ヨウガイバシ)

市道8-2291号線

1981

65.6

5.0

2

十三塚橋(ジュウサンヅカバシ)

市道8-2275号線

1981

60.6

6.5

2

 橋梁長寿命化修繕計画の策定について

かすみがうら市では現在167橋の橋を管理しています。このうち、供用年数が50年以上である橋梁は今のところありません。しかし、20年後には、供用年数が50年以上となる橋梁の割合は6割以上となります。これらの橋は今後、老朽化し、架替えにより財政負担が大きくなることが懸念されています。このことから予防的な修繕を行うことで、橋の延命化を図り、予算の平準化と維持管理コストの縮減を行うことで、次世代に大きな負担をかけることなく、道路交通の安全性と信頼性を、将来にわたり確保することを目的として「橋梁長寿命化修繕計画」を策定しました。

関連ファイルダウンロード

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは道路建設課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2017年7月28日
  • 2017年6月20日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る