くらし・手続き

第17回世界湖沼会議

世界湖沼会議とは

 世界湖沼会議(World Lake Conference、WLC)は、1984年(昭和59年)に滋賀県の提唱により琵琶湖で開催された「世界湖沼環境会議」の後進として、世界各地で開催されている国際会議です。
 会議には、研究者だけでなく行政担当者、企業、市民など様々な分野の参加者があつまり、世界の湖沼及び湖沼流域で起こっている多種多様な環境問題やそれらの解決に向けた取組について意見交換を行い、その総括と成果として、開催地から世界に向けた湖沼保全のための宣言を発信しています。
 会議は、公益財団法人国際湖沼環境委員会(ILEC)と開催国の団体等との共催で概ね2年ごとに開催されています。これまで、日本、米国、ハンガリー、中国、イタリア、アルゼンチン、デンマーク、ケニア、インド、インドネシアで開催されてきました。

※詳細については世界湖沼会議準備室のHPをご覧ください。

第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)のテーマ

 世界の多くの湖沼は、水質汚濁の振興、生物多様性の喪失、気候変動の影響など様々な問題に直面しています。
 そのような中で、生物の多様性を包括的に保全し、生物資源の持続可能な利用を行うための国際的な枠組みとして1992年(平成4年)に生物多様性条約が締結され、、2010年(平成22年)に我が国で開催された生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)において、生物多様性に関する2011年(平成23年)以降の新たな世界目標である条約の新戦略計画が採択されました。
 一方、国連の主唱により2001年(平成13年)から2005年(平成17年)にかけて生態系に関する大規模な総合的評価として、ミレニアム生態系評価が実施され、生態系の変化による人間の生活の豊かさへの影響が示されるとともに、生態系サービスの価値の考慮、損なわれた生態系の回復などが提言された。
 また、2015年(平成27年)に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の国際社会共通の目標「持続可能な開発目標(SDGs)」では、特に湖沼環境に関連するものとして、「水・衛生の持続可能な管理」や「陸域生態系、森林管理、砂漠化への対処、生物多様性の保全・回復」が掲げられています。

 こういった背景を踏まえ、第17回世界湖沼会議は、

「人と湖沼の共生ー持続可能な生態系サービスを目指してー」

 をテーマとし、開催することとしました。

『『世界湖沼会議ロゴ』の画像』の画像

   ↑第17回世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)シンボルマーク

会議スケジュール(案)

日 程 午 前 午 後 終 日
10月14日(日) 学生会議 歓迎パーティー
登録受付
10月15日(月)

開会式
いばらき霞ヶ浦賞授賞式

基調講演
政策フォーラム 
レセプション  展示会
10月16日(火) 湖沼セッション 湖沼セッション  ワークショップ
(自主企画)
分科会 分科会
10月17日(水) エクスカーション(視察)  ワークショップ
(自主企画) 
サテライトセッション
10月18日(木)  霞ヶ浦セッション 霞ヶ浦セッション   参加者交流会
 分科会  分科会
10月19日(金)  会議総括 閉会式   ー
10月20日(土)  オプショナルツアー  ー

 ※会議のスケジュールは今後随時変更になる可能性があります。

霞ヶ浦セッション

 霞ヶ浦流域関係者等が持続可能な生態系サービスに向けた取組について討議を行います。

湖沼セッション

 国内外の湖沼流域の市民、行政、研究者等が活動内容や施策等について討議を行います。

サテライトセッション

 霞ヶ浦流域及び涸沼沿岸等の拠点施設においてフォーラムや環境関連行事を開催します。

関連リンク

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは環境保全課です。

〒300-0192 かすみがうら市大和田562

電話番号:0299-59-2111 / 029-897-1111

メールでのお問い合わせはこちら

アンケート

かすみがうら市ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。
なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

Q.このページはお役に立ちましたか?
  • 2017年10月6日
  • 2017年10月6日
このページの先頭へ戻る
スマートフォン用ページで見る