住宅用火災警報器は10年を目安に取替えましょう!

なぜ住宅用火災警報器の交換が必要なのか?

■住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあるため危険です。10年を目安に交換をおすすめします。

設置時期を確認するには? 

■火災警報器を設置したときに記入した『設置年月』または、本体に記載されている『製造年』を確認してください。

新しい火災警報器に交換したら!

■新しい火災警報器の本体の側面などに油性ペンで『設置年月』を記入しましょう。

定期的に作動確認し、音を聞きましょう!

■本体のボタンを押す、またはひもを引いて作動確認しましょう。
※目安は年2回程度です。

(正常な場合は)
正常をお知らせするメッセージまたは火災警報音が鳴ります。
※警報音はメーカーや商品により異なります。

(音が鳴らない場合は)
電池がきちんとセットされているか、確認してください。
それでも鳴らない場合は『電池切れ』か『機器本体の故障』です。取扱説明書をご覧ください。
※電池切れと判断した住警器が、設置から10年以上経過している場合は、内部電子機器の劣化が進んでいるおそれがあるため交換をお奨めします。





≪平成29年度全国統一防火標語≫

火の用心 ことばを形に 習慣に

かすみがうら市では現在、全ての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。まだ設置がお済みでないお宅は今すぐ設置をしましょう。


トップページに戻る