宝くじ助成事業で備品を整備しました

 かすみがうら市消防本部では、(財)自治総合センターから「平成29年度コミュニティー助成事業少年消防クラブ育成事業」を受け、視聴覚資器材および救急訓練資器材などの備品を購入しました。
 これらの備品を活用し、将来の地域防災の担い手となる若き少年消防クラブ員に、地域防火防災意識の向上だけでなく、質の高い救急知識を習得してもらい、幅広い分野での活動を期待しています。


【視聴覚資器材】
防火・防災・救急などの知識をDVDを放映し理解してもらうことに活用します。


【普通救命資器材】
リトルアン(普通救命資器材)を使用した、心肺蘇生法を経験してもらうことで、スキルアップした知識の習得に活かします。


【整備備品】
プロジェクター、プロジェクターキャリングバック、スクリーン100型、ノートパソコン、パソコンケース、ワイヤレスプレゼンター、一眼レフカメラ、カメラケース、カードプリンター、リトルアン(4体)、AEDトレーニングユニット


トップページに戻る